雑学

WHOは何をしているの?

新型コロナウィルスの流行で、近年では、日常的にWHOという言葉が飛び交っています。WHOは、国際連合の一機関ですが、具体的に何をしているのかを知っている人は少ないでしょう。この記事では、事例を交えてWHOを分かりやすく紹介しています。

WHOは何をしているの?

WHOは、World Health Organaizationの頭文字をとったものです。和文では、世界保健機関と呼んでいます。

但し、世界中の人々への医療行為を行うわけではなくて、世界中の人が、人種や宗教、政治信条などとは関係しないで、出来るだけ高い水準の健康を得られることを目指して活動するための国際機関です。

どんな活動をするの?

WHOの事務所は世界の150ヶ所以上にあって活動しています。

WHOは、医療行為はしていませんが、保険サービスの整備や、医療従事者の訓練、そして医療が普及するような対応の新興を図る活動をしています。

実際の対応業務

病気については、生活習慣病から癌まで様々な病気を扱っていますが、中心は新型コロナウィルスのような感染症への対策を行っています。

  1. 感染症対策
  2. 病気の仕組み調査
  3. 病気の世界的な傾向調査
  4. 上記調査結果を関係国と情報共有

WHOの組織

WHOの事務所は世界の150ヶ所以上にあります。組織の概要を次に示します。

  • 設立 1948年
  • 本部 スイスのジュネーブ
  • 加盟国数 194ヶ国
  • 職員数 7000人以上

WHOが発令した緊急事態宣言

WHOは、現行制度になった2007年以降で、次のような緊急事態宣言を発令しています。

  1. 2009年4月
    新型インフルエンザ(H1N1)
  2. 2014年5月
    ポリオ(急性灰白髄炎)
  3. 2014年8月
    エボラ出血熱
  4. 2016年2月
    ジカ熱(ジカウィルス感染症)
  5. 2019年7月
    エボラ出血熱
  6. 2020年1月
    新型コロナウィルス肺炎

まとめ

現在、世界中で感染が広がっている「新型コロナウィルス」では、パンデミック(世界的な大流行)になって、2020年1月にWHOから緊急事態宣言が発令されています。

WHOの活動は、今回の「新型コロナウィルス」の事例で注目されたため、ニュース等を通じて身近に感じられるようになったことでしょう。

「新型コロナウィルス」の例で見ると、次のような対応をしています。

WHOは、世界中の人で、ワクチンを平等に分配することへの呼びかけや、先進国に治療薬の開発や予防接種薬の開発情報を促し、世界中で情報を共有するように情報発信に努めています。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST