Info Tech

TCP/IPのインターネット層とは?(概要)

TCP/IPのインターネット層について紹介しています。TCP/IPは4層ですが、一つ一つ振り返ると、概要を知るだけでも、ネットがどのように構成されているのか、分かったような気持ちになるでしょう。ウェブは、遠い世界と考えている方も楽しめます。

インターネット層とは?

インターネット層は、TCP/IPの第2層です。送信側のコンピュータから受信側のコンピュータまでデータを送り届けるためのプロトコル(規約)として働きます。

インターネットには、様々なルートがあるので、各ルートの分岐点にあるルータでは、正しい宛先までデータが届けられるように、IPアドレスの仕分けが行われています。

そのため、インターネット層では、IPヘッダが追加されて、宛先のIPアドレスと送信元のIPアドレスを書き込んでいます。

送信元のIPアドレスの活用方法

送信データは、パケットに分割して送り出します。そして、それぞれのパケットには、送信元のIPアドレスも記載されています。

このIPアドレスは、往復はがきの返信用はがきに記載されている宛先に相当します。

インターネットを閲覧するユーザは、閲覧画面をクリックして、自分の端末に要求したデータが表示されることを希望しているからです。

自分のアドレス(送信元のIPアドレス)が記載されていないと、データを要求したコンピュータ(サーバー)が、何処にあるのか分からないため、送信できなくなってしまうでしょう。

インターネット層がコネクションレス型通信の理由

TCPプロトコルでは、通信相手と確実に情報の受け渡しをするため、ソケットというメモリ空間に、接続を制御するための情報を記憶して送信元と、通信相手間でやり取りをしています。

ところが、インターネット層は、このような、ソケットというメモリ空間を使っていません。そのため、インターネット層は、コネクションレス型通信と呼ばれています。

コネクション型通信は、送信側が受信側からの情報を受け取ってから次の送信を始めるため、しっかり相手の状況を把握しながら正確な通信をしています。

これに対して、コネクションレス型通信は、相手の状況は、お構いなしにデータを送信する方式です。場合によっては、通信相手に、こちらのデータが届かないこともあるでしょう。

このように、コネクションレス型通信は、コネクション型通信に比べて通信品質は落ちますが、双方で確認のやりとりをしないので、通信時間が短縮されます。

インターネット層は、IPヘッダに宛先のIPアドレスと、送信元のIPアドレスを記載する方式で通信するため、通信接続に「ソケット」は使用していません。コネクションレス型通信です。

1990年よりも前の時代は、長距離通信の信頼性が低かったのですが、1990年代からは、通信の品質信頼性は向上しました。そして、インターネットが普及し始めると、通信の高速化が求められる時代になりました。

こうして、ネットワーク接続に、コネクションレス型のインターネットプロトコル(IP)が使われるようになったのです。

このような事情から、TCPプロトコルと、IPプロトコルが一緒になったTCP/IPのインターネット層は、コネクションレス型通信になったのでしょう。

まとめ

TCP/IPのインターネット層(第2層)について、概要を紹介しました。

もともと、ウェブ閲覧をするインターネットは、軽やかな動きが求められていたのですが、インターネットが作られた当時の通信品質は低いため、時間が掛かっても、コネクション型通信が必要だったようです。

ちょっと前までの時代を振り返ると、近年の技術の進化には、驚かされるばかりです。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST