Info Tech

ネットワークの技術とは何だろう

ウェブの世界で使われる用語は、取っ付きにくいが、細かいことではなく、何をする物なのかの大枠を把握すれば理解は進む。この記事では、ネットワーク技術について、初心者に分かりやすく紹介している。ウェブのネットワークを学ぶ糸口になるだろう。

ネットワークの技術とは何?

インターネットの専門職を経験したことのない、一般的な人から見たインターネットの世界で使われる用語は、意味不明のものが多い。そのため、取っ付きにくくて何から学べば良いのかさえ分かりにくい。

但し、そんな世界でも、糸口はある。

大枠を掴むことだ。例えば、今回の題名のような内容が分かれば、細かい話は概ね理解できるようになる。(何を言っているのか分かるようになる)

ネットワークの技術は、相手と「接続する」技術と、データを「使う」技術に分けられている。

ここで大切なことは、今、触れているものは「接続する」 or 「使う」方のどちらの技術だろうということを意識すること。これが出来れば、すとんと頭に入るようになるだろう。

接続する技術とは

インターネット(ウェブ)サイトでは、データを送信する技術が「接続する」技術になる。
ウェブサイトは、個人や企業が作成するサイトで溢れている。これらのサイトは、データが正しく表示されるか、安全に早く届くかなどの技術が使われている。

尚、「接続する」技術では、ウェブサイトのデータや、画像、文字なども全てデータとして扱われる。

使う技術とは

企業のホームページや、個人が作ったサイトなどを閲覧する「使う」技術は、ユーザーが、使いやすいように加工する技術です。

ウェブで使用される主な専門用語

接続する技術や、使う技術で使用される主な専門用語には次のようなものがある。

接続する技術で使われる専門用語

IPアドレス、イーサネット、TCP、ルーティング、パケット、カプセル化など多くの専門用語がある。

使う技術で使われる専門用語

メール、SNS、ブログ、検索エンジン、アプリ、動画配信、HTML、CSS、CMS等で、どこかで聞いたことがあるような用語が多い。

ネットワークの特徴

テレビや新聞、書籍などの情報は、一方向のみで対応しているが、ネットワークは、双方向で通信している。

仮に、サイトを閲覧しているだけでも、閲覧者側から、制御信号などが、サイト側に送付されている。ウェブでは、双方向通信できるため、閲覧者が希望したデータのコンテンツを見ることが可能なのだ。

まとめ

ネットワークの技術は、初心者にとっては馴染がないものが多いため、取っ付きにくいが、相手と「接続する」技術と、データを「使う」技術に分けられているということが分かるだけでも、理解し易くなる。

ネットワークの技術を学習する場合は、今触れている内容は、「接続する」技術なのか、データを「使う」技術なのかを意識すること。

また、ネットワーク技術は、目に見えなくても双方向で通信している、という特徴は重要だ。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST