Info Tech

MACアドレスの働きと注意点

ハンバーガー

マックアドレスという言葉は、時々耳にする。MACアドレスは、言わば機器に付けられている住所に相当する番号だ。MACアドレスは、IPアドレスに似ているが全く違う役目をしている。この記事では、PC初心者にも分かるようにMACアドレスを紹介する。

MACアドレスの働き

MACアドレスは、ネットワーク機器とやり取りする時に、相手の機器を特定するための48ビットの識別番号のこと。PCやルーター等のネットワークカードに付加されている、いわば住所に相当する。

MACアドレスは、PCに付けられるIPアドレスのようなものだが、IPアドレスは、ネットワーク上にある送信先(目的地)のコンピュータの住所を示す。

IPアドレスは、最終目的地の住所だが、MACアドレスは、ネットワーク機器に割り振られている住所のこと。これだけなら、IPアドレスとMACアドレスは同じもののように感じられるが、MACアドレスはデータの送信側から見ると、使われ方が異なる。

PCなどで、インターネット経由でデータを送信するには、IPアドレスとMACアドレスの両方の識別番号を付ける。この時に付加されるMACアドレスは、次に情報を渡す先(経由地)を特定する為に使われる。

通信データは、様々なルーターやLANカードなどのネットワーク機器を経由して、宛先の機器に到達するからだ。MACアドレスは、最終目的地の識別番号ではなくて、経由地の住所が記載される。

そのため、送信データの情報は、経由地に到達する度に、次の行先のアドレス(MACアドレス)に変わる。

MACアドレスは、OSI参照モデルの第2層のデータリンク層の通信規約として、メディアアクセス制御をするアドレスとして機能する。

MACアドレスの構成

MACアドレスは、全48ビット構成の16進数、12桁で表記される。48ビットの前半24ビットは、ベンダーコード(製造者コード)と言われるもので、電気・情報工学の技術標準化機関のIEEEが世界中の通信装置メーカーに割り当てた番号。

後半の24ビットは、各メーカーが装置毎に、重複しない番号をつけたもの。番号の表記の仕方はさまざまだが、一般的には、16進数の2桁(1バイト)を(-)で繋いで、「00-00-12-34-FF-FF」などと記載する。

MACアドレスの注意点

MACアドレスは重複すると、通信障害になることもあるので、変更しないように管理しなければならない。

また、スマートフォンやPCのMACアドレスで、Wi-Fiの接続制限をするMACアドレスフィルタリングは、Wi-Fiルーターに登録済の機器だけが通信できる設定のため不正なアクセスは防止できる、…はずだ。

但し、MACアドレスフィルタリングは、簡単に偽装されてしまう。注意要だ。

まとめ

MACアドレスは、ネットワーク機器とやり取りする時に、相手の機器を特定するための識別番号となる。いわば住所で、インターフェースに付与された固定のアドレスのことだ。そのため、物理アドレスとも呼ばれる。

MACアドレスは、PCに付けられるIPアドレスに似ているが。IPアドレスのように、最終的に届けられる住所ではない。

MACアドレスは、次に情報を渡す先を特定する時に使われる。

MACアドレスは、Media Access Control Addressを略したもので、OSI参照モデルの第2層のデータリンク層の通信規約である。

MACアドレスは、情報の伝達や記録・保管に使われる装置のアクセス制御をするアドレスとして機能する。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。