雑学

録音した自分の声は、どうして変な声に聞こえてしまうのだろう

自分の声と、録音された声が違うように聞こえる理由について、ダイレクトに耳を通しての伝わり方と、骨を通じて伝わる場合について説明し、これらの合成音などを脳が認識するために、自分の声が、普段とは違う声に聞こえる理由を分かり易く紹介しています。

録音音声と自分が感じていた声が違う理由

録音された声を聞くと、ふだん聞いていた自分の声とは、違う声に聴こえます。

理由は、録音機器から聞こえてくる音声と、自分の話し声を自分で聞く場合では、音の伝わるルートが異なるため、本来なら同じはずの声が違う声で聞こえるからです。

人の声の出し方

人の声は、肺から出る空気を利用して、のどの奥にある声帯を振動させて声を出しています。声を出す時には、声帯のヒダは閉じていて、肺からの空気の圧力で振動させて、声にします。

声帯のヒダの振動音は、声の元です。

人は、この振動音を使って、口の開き方や唇、舌を調整することで話し言葉にしています。

録音機が人の声を録音する場合

録音機材は、声を空気の振動としてとらえています。つまり、空気が振動する波を電気信号に変換して録音しています。

他者の声を聞く時く場合

他の人の口元から出て来た空気の振動(音の波)は、自分の耳に入ると鼓膜を振動させて、奥にある内耳(ないじ)で電気信号に変換してから脳に伝えます。

つまり、基本的には、他者の声を聞く時と、録音機材が行っていることは同じです。これをルートAとします。

自分の話し声を自分で聞く場合

自分で自分の声を聞いている時には、周りの人と同様に自分の口元から出て来た空気の振動音を耳でとらえて聞いています。これは、ルートAで伝わる声です。

ところが、自分で発する声が脳に伝わるには、もう一つ違うルートで伝わる音(ここではルートBとします)があります。

そのため、自分で発生した声は、ルートAとBを合成したものを聞いていたことになります。

《詳細内容》
自分で出す声は、口元から出た空気の振動音を耳でとらえるのとは別に、ちょくせつ頭の骨に伝わって骨を振動させた、骨の振動音が内耳に届きます。

内耳では、骨の振動と鼓膜の振動を合成した振動波を電気信号に変えて脳に伝えています。

つまり、脳では、A・Bの2つのルートから来た声を合成したものを認識することになります。

さらに、骨を通して伝わる振動の高音域は、減衰して小さくなりますが、低温の波はレベルを維持するため、内耳には低温域の波が強調されて到達します。

これに対して、録音機材の音声は人の口から出た空気の振動音を忠実に再現しているため、声を出した本人は、ふだん自分が聞いていた声とは違う声に聞こえたのでしょう。

尚、両耳をふさいで話した時の声は、骨を通して伝わった時の音声に近いそうです。

まとめ

ふだん話している自分の声は、自分で聞いているため、誰よりも分かっていると自負があるでしょう。

ただし、自分で聞いていた声は、口から出た空気の振動を耳でとらえて脳に伝えるルートと、口で発した音の振動を、骨を通して耳に伝える2つのルートの合成音でした。

しかも、骨を通して伝わる音の高音域は、小さくなって伝わるため、自分で聞く場合の合成された声と、録音機の再生音や、周りの人が聞いていた声とは違って聞こえていたのです。

補聴器などへの応用

音を大きくして無理やり脳に伝えようとする補聴器は、余計な音も入り込むため、使用者にとっては大きな負担になるでしょう。

これに対して、骨を通して音を伝える方法は、鼓膜を通さないため難聴の人には最適だと思います。

空気の振動を内耳でとらえて電気信号に変換する方法に比べて、骨の振動を利用するには技術の進歩が不可欠だったのでしょうが、現在は、脳への音の伝わり方の研究から、さまざまな補聴器が商品化されているようです。

技術の進歩と人間の幸せな暮らしは比例しないというようなことが言われることもありますが、技術の進歩が、人の暮らしを良い方向にすることを期待しています。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST