吸着力

ヤモリの、吸着力はすごい|足裏構造の秘密

くっつく

優しい目をしたヤモリは寒冷地以外の日本中に生息している。ヤモリは、ツルツルの垂直のガラスを登ることができる。素晴らしい吸着力だが、足裏には吸盤はない。ヤモリの足裏構造は、研究中だが分かってきたことも素晴らしい。内容を分かりやすく紹介します。

ヤモリの足裏構造

数年前に実家の小さな物置小屋を解体した時に、ヤモリという生物を始めてみた。トカゲのような姿をしているので、気持ち悪いという方もいると思うが、うるうるした優しい目をしている。

調べてみると、ヤモリは、寒冷地以外の日本中に生息しているようだ。直ぐに好きになってしまった。

その後、窓ガラスを垂直に登るヤモリを見るようになった。ヤモリの足の吸盤はすごいなと感じていたが、調べてみると、ヤモリの足裏には吸盤はない。

足裏に吸盤がないのに、どうして、ツルツルした垂直のガラスを登れるのだろう。

ヤモリの足裏の秘密

ヤモリの足裏には吸盤はないが、微細な剛毛がある。剛毛の先端は枝別れしていて、さらに先端はヘラ状になっている。

ヘラ状の先端は、静電気のような吸着力を持っている。

ヤモリは、足裏のヘラ状部が持つ、特殊な吸着力を使ってどんな所にもはりつくことができるのだ。

学問的に見たヤモリの吸着力

ヤモリ以外の生物は、粘液系の分泌液や、ツメを食い込ませるなどの方法で物にくっついている。

ヤモリの方法は、乾燥接着という複雑な方法だ。乾燥接着は、ファンデルワールス力という現象。ファンデルワールス力は、原子内の電子が磁場を作ると、隣り合う原子内の電子が引き寄せられる力のこと。

但し、このファンデルワールス力は、原子間に働く力では最弱と言われている。ヤモリという生物は、最弱のファンデルワールスをうまく操っていることになる。

ヤモリの吸着力を生み出すもの

ヤモリの吸着力の秘密は、ファンデルワールス力という弱い引力のことだが、足の指に生えている剛毛の先にあるヘラ状の毛の存在も大きい。ヘラ状の形状が接着面積を最大化させて、驚異的とも言えるようなくっつき力を作り出している。

もう一つ、ヤモリの足裏のすごい所

ヤモリは、ツルツルした垂直のガラス面でも登れる。但し、歩くことを考えると、強力な吸着性だけではダメだ。足を前に進めるには、簡単に剥がせる吸着力も要求される。

ヤモリの吸着力は、剛毛の角度に秘密があった。近年の研究で、ヤモリは、剛毛の角度を変えることで簡単に剥がせることが分かった。

まとめ

ヤモリの足裏の吸着力には、他の生物が持っていない特別な秘密があった。

まるで、静電気のような働きをする、原子間に働く弱い吸引力を使ったもので、それを生み出す微細な剛毛と、接着面積を最大化させるための、先端部のヘラ状構造を足裏にもっていることだ。

しかも、剛毛の角度を変えると、吸着力が変わるため、自由に歩き回れる。

ヤモリがもっている素晴らしい吸着力の研究は続けられている、将来が楽しみだ。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。