Info Tech

ワードプレス(WP)とはどんなものなの?

ワードプレスは、ブログやサイトを作成する時に、最も多く使われているソフトウェアです。ブログを始める人にとっては、WPがどんなもので、なぜ多くの人に使われているのか知りたいでしょう。そんな初心者のためにワードプレスの概要を紹介しています。

ワードプレスの概要

ワードプレス(WP:WordPress)は、GPL(General Public License)の一般公的使用許諾契約で運用されている、オープンソースのソフトウェアです。

オープンソースは、コンピュータプログラムのソースコードの公開を原則にしているため、誰でも自由に使用できるものです。

その上、WPは、人が見ても分かりやすいプログラム言語で記載されています。

使用許諾契約に同意すれば、許可が得られて、個人使いや商用に利用しても問題なく無料でダウンロードして使うことができます。

このため、使い勝手が良いワードプレス(WordPress)は、ブログやサイトを作成する多くの人に指示されています。

ワードプレスは誰が作っているの?

ワードプレスは2003年にリリースされています。世界中の自発的な開発者の手助けを受けながら、多くのユーザーに使われています。

ドキュメント等は全て英語で提供されていますが、日本人の有志によって、日本語にも翻訳されています。

ワードプレスのソフトウェアはどんなものなの?

ワードプレスは「PHPというサーバーサイドのスクリプト言語で開発されています。」

PHPの開発者は、当初は、(Personal Home Page Tools)と呼んでいました。

その後、(PHP Hypertext Preprocessor)の頭文字が使われるようになりました。

ワードプレスを一言で表現すると「PHPというサーバーサイドのスクリプト言語で開発されています。」です。

これでは、初心者には何を言っているのかさっぱりわからないと思うので、次にフレーズ単位で内容を解きほぐします。

サーバーサイドのスクリプト言語とは?

「サーバーサイド」に対比するのは、「クライアントサイド」です。「クライアントサイド」を理解すれば「サーバーサイド」は判りやすくなるので、最初に「クライアントサイド」を紹介します。

クライアントサイドとは、アプリケーションを実行する場所が、クライアント(依頼者)という意味です。

通常、webにアクセスする時には、PCやスマホに入っているブラウザがクライアントとしてプログラムを実行しています。

これが、クライアントサイドです。JavaScriptやHTML等は、クライアントサイドのプログラム言語です。

これに対して、サーバーサイドとは、アプリケーション提供者側(サーバー)がプログラムを実行しているものです。サーバーの言語には、PHPやRubyなどさまざまなプログラム言語があります。

スクリプト言語とは?

スクリプト言語とは、ソースコードで作ったプログラムを変換しないで実行できるプログラミング言語のことです。

通常のプログラミングは、ソースコード作成後、コンピュータに理解させるため、2進数(0と1で構成)に変換しています。ところが、スクリプト言語は変換処理をしないで、そのまま実行できます。

2進数に変換する必要がないのは、とても便利です。

例えば、次のような活用も出来ます。

ブログを作る時にHTMLで記述したプログラムの途中から、PHP言語で記述しても、同一のファイルとして作業できます。

まとめ

ワードプレスは、使用許諾契約に同意すれば、許可が得られて、個人使いや商用に利用しても問題なく無料でダウンロードして使えます。

ワードプレスのプログラミング言語(ソフトウェア)は、PHPと呼ばれるものです。

PHPは、人に分かりやすいソースコードで記述したものをHTML言語の途中から、そのまま記述できます。そのため、使い勝手の良いソフトウェアです。

PHPの開発者は、ブログソフトウェアとして作りました。ところが、バージョンアップを重ねる度にカスタマイズ性が高まって、管理者側でのサイト変更の自由度が増しました。

そのため、現在では、コンテンツ・マネジメント・システム(CMS)として企業のホームページなどにも活用されています。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST