Info Tech

災害時に電子メールの方が電話よりもつながりやすい理由とは

人が殺到して電話すると、接続できなくなることがあります。そんな時に役立つのは電子メールです。電子メールが、電話よりもつながりやすかった経験者も多いでしょう。この記事では、災害時には、電子メールが繋がりやすい理由を分かりやすく紹介しています。

災害時に電子メールの方が電話よりもつながりやすい理由

理由は、会話している二人だけで、1回線を占有してしまう電話に比べて、電子メールは回線内に少しでも空きがあれば、情報を送ることができるパケット通信方式を使っているためです。

それに比べて、電話は、回線容量以上の通話はできません。交換機処理が出来なくなるためです。

もう少し詳しい内容を以下に紹介しましょう。

大きな災害時には、電話は通じなくなる

大きな地震が来た時などには、多くの人が一斉に電話をするので、つながりにくくなります。

災害の時だけでなく、コンサートのチケットを購入する場合も同じです。電話と時計を睨んで、チケット購入の開始時刻になったら直ぐに受話器を上げてダイヤルしても、電話の向こう側から「ツー・ツー・ツー」と話し中の信号音だけが聞こえて来ることを、多くの人が経験しているでしょう。

電話が通じにくくなるのは、多くの人が一斉に電話を利用しようとして、回線がふさがってしまうからです。

電話回線がふさがりやすい理由

電話回線は、1本の回線を会話中の2人で占有してしまいます。例えば、回線が10個の場合、11人目の人が電話しても接続できません。

多くの人が電話しようとして回線容量を超えてしまうと、交換機処理が出来なくなって、ネットワークがパンクしてしまうからです。

一斉に電話を掛ける人が殺到して接続できなくなると、同じ人が何度も電話をするため、余計に電話回線は繋がりにくくなってしまいます。

そのため、緊急時の電話番号(119や110)には、優先して接続できるような処置を施している程です。

電子メールが接続しやすい理由とは?

電子メールは、パケットという、小包のようにひとかたまりにした単位でデータを送っています。パケット方式による送信では、例えば、自分が送ったパケット1とパケット2の間に隙間があれば、他の人のパケットxが割り込んで送られます。

パケット方式なら、パケットの状態でメモリーに一時保管することも可能です。つまり、回線に隙間ができるまで、ちょっと待つことで送信できます。

電話の場合は、とぎれとぎれの会話では意味が通じませんが、電子メールなら多少の遅れは許容できるからです。

しかも、電話の情報量に比べて電子メールのメッセージ量は少ないため、多くの人の電子メールを送信することができるです。

ポイントのまとめ

電話回線では、1本の回線を会話中の2人で占有してしまいますが、パケット通信を使っている電子メールでは、1本の回線を複数の人で共用できるため、多くの人がメッセージを送信することが可能です

災害時などでは、電話回線が混雑してしまい、接続できなくなりますが、インターネットでパケット通信をする電子メールは、回線に隙間ができるまでメモリーに入れておくという処置もできます。

もちろん、電子メールの情報量が多い場合などには、送信データが消失してしまうこともありますが、電話に比べれば大幅につながりやすいと言えるでしょう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST