Info Tech

サーバーダウンを狙ったDoS攻撃とは何?

インターネットは便利ですが、ネットの世界では、世間が困ることをする人もいます。この記事では、不特定多数の人が使うサーバーに攻撃を仕掛ける、DoS攻撃について、紹介しています。PCユーザとして、ウイルス対策の大切さの理解が深められるでしょう。

サーバーダウンを狙ったDoS攻撃

DoS攻撃とは、多くの人が利用するホストコンピュータ等に対して、連続的に攻撃することで、ホストコンピュータを過負荷状態にしてしまうことです。

過負荷状態になったホストコンピュータは、正常に動作できなくなってしまいます。こうなると、不特定多数のユーザが利用しているサーバーでは、サービス提供が出来なくなります。

古くから行われている、DoS攻撃の例では、F5攻撃というものがあります。

F5キーによるサーバー攻撃

F5攻撃とは、一斉に多くのPCユーザが、ファンクション5キー(F5)を連打することで、特定のサーバーを過負荷状態にしてしまうことです。

《F5キー》
F5キーは、現在閲覧しているウェブのPC画面表示を、最新の状態にするショートカットキーです。

F5キーを連打すると画面の再読み込み動作を繰り返します。このため、表示データを送付しているサーバが過負荷になってしまいます。

pingコマンドによるサーバー攻撃

pingコマンドは、特定のサーバーにICMPパケットを送信して、サーバーからの反応を見ることで、サーバーの状態を知る時に使います。

もしも、pingコマンドが、多くのユーザから特定のサーバーに大量に送付されると、そのサーバーは過負荷状態になっていまいます。

これが、pingコマンドによるサーバー攻撃です。尚、ICMPは、Internet Control Message Protocolの略です。

DDoS攻撃

DDoS(Distributed Denial of Service Attack)攻撃と呼ばれるものは、悪意のある第三者が、複数の個人PCを不正な方法で乗っ取ってしまい、このPCから特定サーバーにDOS攻撃を仕掛けるというものです。

DDoS攻撃は、個人PCへの不正侵入やウイルスによって、本人が気が付かない状態で、特定サーバーが攻撃されてしまいます。

そのため、悪事に利用された個人PCユーザーは、自分の責任ではないと考えるかもしれませんが、ウイルス対策をしていないで侵入された時には、責任の一端を認識すべきでしょう。

まとめ

サーバーダウンを狙ったDoS攻撃とは、多くの人が利用するホストコンピュータ等に、連続的に攻撃を仕掛けて、ホストコンピュータを過負荷状態にしてしまうことです。

多くの人が使っているサーバーが過負荷状態になってしまうと、そのサーバーは本来提供すべき機能が働くなって、サービスの提供ができなくなります。

また、従来の事例では、個人ユーザが使うコンピュータへの直接的なDoS攻撃は、ありませんが、個人ユーザーのPCを乗っ取って、そのPCから特定サーバーに攻撃を仕掛けることはありました。

PCユーザーは、ウイルス対策をすることの大切さも知った上で使うことが求められます。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST