Info Tech

ネット世界で使われるクラウドの意味と用途

クラウド

クラウドの意味と用途を、PC初心者にも分かるように紹介しています。ネットの世界でクラウド(雲)という言葉が使われ始めた理由から、主なクラウドサービスの概略をまとめています。

ネットの世界のクラウドとは何だろう

コンピュータシステムやネットの世界で使われる「クラウド」とは、クラウド・コンピューティングを略したものです。

IT業界では、システム構成図を描く時にネットワーク(インターネット)を「cloud(雲)」に例えて図式化する慣例がありました。そのため、「クラウド」という言葉が使われるようになったのでしょう。

ネットワークを雲にイメージした理由は、扱っているソフトウェアやデータが、コンピュータの中にあるのではなくて、インターネットを介して接続される、離れた場所のサーバー群の中で管理されているからです。

クラウドを利用するメリット

クラウド・コンピューティングは、自前のPCにアプリケーションソフトウェアのインストールをする必要がありません。インターネット上にアプリケーションソフトウェアがクラウドサービスとして提供されているからです。

クラウドサービスは、ユーザーが作成したデータやドキュメントを保管して、必要な時に取り出せるように管理しています。

ユーザーは、インターネットに接続できる環境さえあれば、どの端末からでもアクセス可能です。

主なクラウドサービス

クラウドサービスクラウドサービス

クラウドサービスにはさまざまな種類があります。利用者側の必要に応じて、OSやサーバー、その他のソフトウェアなども準備されています。

SaaS(サース)

SaaSは、Software as a Serviceのことです。

従来パッケージソフトウェアとしてユーザーに提供されていたものを、サービスを提供する側のプロバイダにあるコンピュータに、ユーザーがインターネット経由でアクセスすれば利用できるようなサービスです。

ユーザーは、パッケージソフトウェアなどで必要とした導入経費や面倒なインストール作業なども必要なく、使用した期間に受けたサービスだけの費用を支払うことで利用できます。もちろん、自前のPCだけでなく、スマホや別端末からもアクセスが出来ます。

PaaS(パース)

PaaSは、Platform as a Serviceを略したものです。

PaaSは、OSやサーバー、プログラム言語、データベースなどの開発環境のサービスを提供しています。

多くのユーザーは企業です。例えば独自の社内メールサーバーを作る時などに活用されます。Google App EngineやWidows Azureが該当します。

IaaS(イアース)

IaaSは、Infrastructure as a Serviceを略したもので、サーバーやネット回線などのインフラ(メモリや中央演算装置、ストレージ等)を仮想環境で提供するサービス形態です。

ユーザーが使う分だけの期間に提供されるため、低コストで豊富なリソースを利用できます。

上記以外にも、自社専用の環境をクラウド上に作って、社員に提供する「プライベートクラウド」や、重要な顧客データの場合だけ自社システム上に構築して、他はクラウド上に作る形態の「ハイブリッドクラウド」と呼ばれるものもあります。

ポイントのまとめ

ネット世界で使われるクラウドの意味と用途について紹介しました。

クラウドサービスを利用すると、パッケージソフトウェアの導入経費や面倒なインストール作業が無くなって、必要な期間に受けたサービスだけの費用ですみます。

スマホや別端末からもアクセスできるのでとても便利です。

さらに、企業の開発環境としての、OSやサーバー、その他のソフトウェアなども準備されています。

最後に、主なクラウドサービスを一言でまとめます。

  • SaaS(Software as a Service)は、ソフトウェアを提供しています。
  • PaaS(Platform as a Service)は、企業などに開発環境を提供しています。
  • IaaS(Infrastructure as a Service)は、企業などにサーバーインフラなどの仮想環境を提供しています。
ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。