Info Tech

いよいよ始まる5Gサービスの中身と、本格的に普及する時期は?

4Gから5Gへ

5Gの開発競争は激化しています。未来を創る技術とも言われている5Gは、メーカだけでなく、国の間でも競争しているため、何か動きがあると直ぐに報道されます。ただし、一般的には5Gとは何かを知らない人も多いでしょう。この記事では、5Gとはどんなもので、何に使われるのかを簡単に分かりやすく紹介しています。

5Gとは何だろう?

5G(ファイブ・ジー)を一言でいうと、携帯電話などに使われる、新しい通信方式の事です。従来の携帯電話(移動通信端末)は、1G、2G、3G、4Gなどと呼ばれていました。1Gは1st Generationを略したもので、数字の2,3,4で使用技術などの世代(Generation)を意味しています。

つまり、5Gは第五世代の通信方式です。

日本の5Gは何時からはじまるの?

いよいよ日本の5Gサービスが今年の3月下旬から始まるようです。

  • 3月下旬からサービス開始:ソフトバンク、NTTドコモ
  • 3月中にサービス開始:KDDI
  • 6月にサービス開始:楽天

サービス開始の数年間のサービスエリアは、大都市の一部の地域に限られていて、通信速度も期待したほどの速度ではありません。

5Gサービスの普及予定とサービス内容

5G制御5G制御

2020年は、導入時期の位置づけのため、本来の5Gの実力を見ることはできませんが、限られた地域で、高精細動画サービスや拡張現実(AR)によるスポーツ観戦を楽しめるでしょう。

2021年〜2022年は、土台作りの時期で、エリアの拡大が推進され都道府県で1カ所以上は基地局が整備される計画です。この時期には、工場で使われるようになって生産向上に寄与することや、トラックの車間距離をせばめた隊列走行などが実現しているでしょう。

2023年からは、基地局の環境が整備され、技術的な課題も克服する見通しです。このころになると、本格的に5G稼働が浸透する計画です。

5Gが本格稼働すると何ができるの?

5Gが本格稼働すると、ドローンによる搬送や、遠隔操作による医療サービス(手術やへき地診療)、車の自動運転などが可能になることでしょう。

5Gが普及すると、さまざまな機器に通信機能が付加されて、スマートフォンと連動するようになると言われています。そんな時代になると、農業や教育分野の形も変わってくるかもしれません。

5Gでは端末はどんなスマホでも使えるの?

端末は、5G技術に対応したものでないと通信できません。日本の携帯各社は、競って今秋から稼働することをアピールしていますが、シェアの高いアップル社のアイフォンが、5G対応の新機種を販売するのは、今年の秋以降と言われていて、当面、5Gは普及しないでしょう。

ポイントのまとめ

5G通信は、4Gよりも数10倍も速くなるため、現在5分程度かかる映画のダウンロードも数秒で完了すると言われています。

ただし、5G通信をするための環境整備は整っていません。5Gが本格稼働するのは、2023年以降の見込みです。

普及するには、まだまだ技術的課題もありますが、5Gは子どもの時に思い描いた未来社会を実現してくれるかもしれません。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。