Info Tech

移動体通信事業者による無料Wi-Fiスポットは何のためにあるの?

主要駅や空港には、移動体通信事業者が無料でWi-Fiを提供しています。移動体通信事業者は、電波を使ってくれれば儲かるはずです。携帯やスマホの利用者には、許容通信容量を減らさなくてすみますが、何故、無料Wi-Fiを設置しているのでしょう。

移動体通信事業者が無料でWi-Fiを提供する不思議

Wi-FiルーターWi-Fiルーター

お店やカフェなどにあるWi-Fiスポットは、顧客を呼び込むためのサービスでしょうが、主要駅や空港などには、移動体通信事業者が提供している無料のWi-Fiスポットがあります。

移動体通信事業者は、顧客がスマートフォンなどで電波を使ってくれれば通信料の収益になります。それにも関わらず、無料のWi-Fiを提供しています。何故、移動体通信事業者は、無料のWi-Fiを提供しているのでしょう。

移動体通信事業者が無料のWi-Fiを提供する理由

スマートフォンや携帯の電波は、特定の周波数帯が割り振られています。そのため、人が集中して混雑する駅や空港では、割り当てられた周波数帯では不足してしまうため、場合によっては、通信が滞ることや、通話できなくなることも想定されます。

移動体通信事業者は、通話できない事故が起こると信用を失うために、周波数帯の混雑を避けようとします。

Wi-Fiの電波を使えるエリアは、半径200メートル程度のため、混雑する駅の利用者だけを対象にすることができます。

つまり、駅の無料Wi-Fiは、混雑するエリアで、携帯電話の電波の奪い合いを回避するのに、最適な「データオフロード」の役目をしていたのです。

データオフロードとは?

オフロードは、積み荷を降ろすという意味があります。

データの重いAシステムの負荷を、別のBシステムに肩代わりさせることで、Aシステムの負荷を軽減する仕組みのことを意味しています。

携帯電話では、駅のような混雑している場所では、データオフロードとして、Wi-Fiの方にデータ通信を振り替えることで、携帯電話の速度の低下や繋がりにくさを回避しています。

移動通信システムをWi-Fi化しない理由

駅のWi-Fiは、とても便利です。

そのため、移動通信システムをWi-Fi化すれば、もっと便利になりそうですが、実はうまくいきません。次のようなNG理由があります。

  1. Wi-Fiの電波の到達距離が短いため、多くのアクセスポイントの設置要
  2. 多くのアクセスポイントの保守・運用をしなければならない
  3. 携帯やスマホ利用者が移動することで、アクセスポイントが変わるローミング発生のためにネットワークへの負荷大

まとめ

人が密集するエリアでは、多くの人が携帯電話に接続した際に、通信に支障がでる可能性があります。

そのため、駅や空港にある、移動体通信事業者が提供している無料のWi-Fiスポットは、携帯やスマホから、別の通信方式に誘導するためのものでした。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST