Info Tech

Telnetとは|Telnetが作られた目的と遠隔操作の方法

遠隔操作 ドローン

Telnetは、大型コンピュータを遠隔操作するために作られました。データを暗号化して送信しないため現在では、使われることは少ないですが、簡単に扱えて便利なツールです。この記事では、Telnetの内容から、遠隔操作の仕組みまで、分かりやすく紹介しています。

Telnetとは?

Telnetについての基本的な内容を次に記載します。概ねTelnetとは、何なのか分るでしょう。

  • Telnetは、Teletype-networkの略でテルネットと呼びます。
  • Telnetは、ネット経由で別のコンピュータにログインして操作できるようにするプロトコル(約束ごと)です。
  • Telnetは、ソフトウェアやコマンドを指している場合もあります。ただし、コマンドのときは、「telnet」と表記します。
  • 「Telnet」と大文字表記で始まる時には、主にクライアントソフトウェアで使用します。
  • テルネットクライアントは、遠隔操作をする側です。
  • テルネットサーバは、遠隔操作される側です。

Telnetが作られた目的

本来、Telnet(テルネット)は、大型コンピュータ(ホスト)で使用することを想定して作られました。

大型コンピュータ(ホスト)は、専用の端末装置(モニターとキーボード)から命令を入力して結果をモニターに表示させます。

Telnet(テルネット)は、PCなどからネット経由の遠隔操作で、大型コンピュータ(ホスト)の端末に接続して操作することが出来て、演算結果を得られれば便利に使えると考えたからです。

Telnetは、遠隔操作ができるため、次のような場合には頻繁に使用されていました。

Telnetが役立っていたケース

Telnetは、PCからネット経由で操作できるため、サーバや、LAN接続のプリンタおよび、ルータなどの設定変更や状態のチェックに活用されていました。

セキュリティ面で弱いため、現在では、インターネット接続環境で使われることは少ないでしょうが、テキストベースの指示なので簡単に扱えます。ディスプレイや入力端末のない、ルータのような機器操作(設定変更やチェック)等では現在でも、使われているでしょう。

Telnetはどうやって遠隔操作しているの?

リモート操作リモート操作

Telnetは、ネットワーク仮想端末という考え方で遠隔操作を可能にしています。ネットワーク仮想端末とは、端末の機能をソフトウェア上に作ったものです。この仮想端末を送信側、受信側で使用して、遠隔操作できるようにしたものです。

ネットワーク仮想端末の指示の伝え方

例えば、PCから遠方のサーバに指示するには、テルネットクライアントは、PCのキーボードから入力された情報を、ネットワーク仮想端末の仕様に変換します。

変換した情報は、ネットワークで送出され、受け取ったテルネットサーバは、サーバが分る内容に変換してサーバ上にあるプログラムに伝えます。

このように送信側も受信側もネットワーク仮想端末からの情報として処理しているため、お互いのコンピュータの仕様が違っていても読み取れることから、情報を伝えることができるのです。

Telnet の弱点は?

Telnetが作られた時は、セキュリティについては、現在ほど強く求められていない時代でした。

そのため、Telnetでは、パスワードや送信データの暗号化はしていません。つまり、現在のような時代ではセキュリティ対策が弱いTelnetは、怖くて使えません。これが、Telnetの弱点です。

Telnetの代替えツールは、SSHです。SSH(Secure SHell)は、ネットワークにつながっている機器を遠隔操作するためのアプリケーション層のプロトコルです。全ての送信データは暗号化して送信される仕様です。

ポイントのまとめ

  • Telnetは、Teletype-networkを略したもので、ネット経由で別のコンピュータにログインして操作できるようにするプロトコル(約束ごと)です。
  • テルネットクライアントは、遠隔操作をする側で、テルネットサーバは、遠隔操作される側です。
  • Telnet(テルネット)は、PCなどからネット経由で、大型コンピュータ(ホスト)の端末に接続して、使用することを想定して作られました。
  • Telnetは、ネットワーク仮想端末という考え方で遠隔操作をしています。ネットワーク仮想端末とは、端末の機能をソフトウェア上に作ったものです。この仮想端末を送信側、受信側で使用することで、遠隔操作できるようにしたものです。
  • Telnetは、パスワードや送信データの暗号化はしていいないため、セキュリティ上の懸案があります。現在では推奨されていません。但し取扱いが簡単のため、目的を限定して使われることもあります。
  • Telnetの代替えツールは、SSH(Secure SHell)で、全て暗号化して送信する仕様です。
ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。