Info Tech

SIMカードとは?|大きさや機能による違い、格安SIMの意味

SIMカードの種類

SIMカードは、携帯電話やスマホなどの契約者識別カードのことで、契約者の個人情報や電話番号がICチップに記録されていて、通話時間や場所などの管理をしていることや、カードのサイズ、機能面からみた違いなどを分かりやすく紹介しています。

SIMカードとは?

SIMカードは、Subscriber Identity Moduleを略したもので、契約者識別カードのことです。携帯電話やスマートフォンの電波で、3GやLTEによるデータ通信や音声通話をするために使われる小さなカードで、端末内に装着されています。

契約者識別カードとは?

契約者識別カードのICチップには、契約者の個人情報が記録されていて、携帯電話端末と契約者IDが結び付けられています。そのため、契約者情報や電話番号で、現在地や通話時間などを管理しています。

携帯電話本体に記憶しないで、カードに情報を記録するのは、機種変更をした時にSIMカードを差し替えるだけで移し替えできるからです。(もちろん、機種変更可能な本体の場合で、設定作業は必要です。)

SIMカードを抜き取った携帯電話は何もできなくなるの?

SIMカードとともに電話番号や契約者情報は、携帯電話内には無くなります。そのため、電話回線は使えなくなって、通話やインターネット接続、SMSも出来ません。

ただし、電話回線を使用しないアプリケーションは使えます。Wi-Fi接続できる環境なら、Wi-Fiでインターネットにつなぐことでブラウザやメールの利用は可能です。

SIMカードは、どれも同じなの?

SIMカードは規格化されているため、電話会社による違いはありません。ただし、主要なSIMカードには、3種類に分かれています。

SIMカードのタイプ

携帯電話やスマートフォンによって、SIMスロットの大きさは異なっています。SIMカードのサイズは概ね、3種類ですが、機種変更の時などには、事前に確認要です。

また、SIMカードは機能によっても3つに分けられています。

SIMカードの大きさなど

  • 標準SIM(miniSIM):サイズは、縦25mm、横15mmで、2011年頃のスマホで使われていました。
  • microSIM:サイズは、縦15mm、横12mmで、古い格安スマホやガラケーで使われていました。
  • nanoSIM:サイズは、縦12.3mm、横8.8mmで、現在の主流です。

なお、新端末のスロットサイズとSIMカードサイズが異なって変換ソケットなども使えない時などには、電話会社から適応サイズのSIMを発行し直してもらうため、解約と新規契約手続きや、費用などが生じてしまうこともあります。

SIMカードの機能による種類

SIMカードは機能によって、「音声通話」、「データ通信」、「データ通信+SMS」の3つに分けられています。利用者は、申込の時にどれにするのかを選択して決めることになります。

  • 「音声通話」:自分の電話番号があって、電話することや受信することができます。音声通話とデータ通信、SMSを利用できるカードになります。
  • 「データ通信」:携帯電話の通信網(3G/4G/LTE)でインターネット接続ができますが、音声通話とSMSは使えません。そのため、緊急通報の(110番、119番)も利用できません。但し、インターネットに繋げられるため、SNSなどで、同じアプリケーション同士なら、IP電話による音声会話(skypeによる動画も)可能です。
  • 「データ通信+SMS」:SMSは、ショートメールの事で、相手のメールアドレスを知らなくても、ガラケーやスマホの電話番号にメッセージの送受信ができますが、基本的に音声通話はできません。但し、データ通信できるため、条件がそろえば、IP電話による音声会話(skypeによる動画も)可能です。

格安SIMとは?

MVNOMVNO

格安SIMとキャリアのSIMは、書き込まれている情報は少し違いますが、外観は同じです。

仮想移動体通信事業者(MVNO:Mobile Virtual Network Operator)会社が、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアが持っている既存の設備を借りて、安く通信サービスを提供する通信サービスのことを格安SIMと呼んでいます。

SIMフリーとは?

SIMカードを他の通信事業者端末に挿しても利用できない仕様のことを「SIMロック」と呼び、逆に利用できる場合は「SIMフリー」仕様です。

SIMフリー端末なら使えることから、MVNOのSIMカードなら、ドコモで購入したスマホでもiPhoneでも使えます。

ポイントのまとめ

SIMカードは、契約者識別カードのことです。携帯電話やスマートフォンの電波で、3GやLTEによるデータ通信および音声通話をするために使われる小さなカードで、端末内に装着されています。

契約者識別カードのICチップには、契約者の個人情報が記録されています。携帯電話端末と契約者IDは、結び付けられていて、契約者情報や電話番号で、現在地や通話時間などの管理をしています。

カード内に情報を記録するのは、機種変更をした時にSIMカードを差し替えるだけで移し替え可能だからです。(もちろん、機種変更可能な本体の場合で、設定作業は必要です。)

ただし、SIMを取り出しても、端末内のデータ(写真、アプリ、登録したアカウント、保存したパスワードなど)は、そのまま保存されていますので、注意する必要があります。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。