Info Tech

プロバイダ(ISP)とは何だろう?

インターネットの世界では、当たり前のように使われるプロバイダという言葉の意味について、分かりやすくまとめて紹介しています。

プロバイダが必要になった理由

インターネットは、研究者同士が学術研究のために、ネットワークを作っていたものから発展させたものです。

当初は、研究者間のネットワークのため、電子メールや、ネットニュース程度の内容でしたが、画像と文字を表示することができるWWW(World Wide Web)の登場に伴って、普及が進み、一般ユーザからも接続させて欲しいとの要求が高まりました。

このような機運の高まりからインターネットへの接続サービスを提供する事業者が生まれました。この接続サービス事業者は、ISP(Internet Services Provider)のことですが、一般的には「プロバイダ」と呼びます。

元来、プロバイダには、商品や様々なサービスを、提供する人や会社等の意味があるので、インターネット接続サービスを提供する事業者を、ISP(Internet Services Provider)と呼ぶようになったのでしょう。

インターネットに接続するためには、ISP事業者(プロバイダ)と契約して、サーバーやPCなどの接続口を開放してもらう必要がありますが、プロバイダの多彩なサービスの発展とともに、インターネットは世界中を結ぶネットワークの標準的なインフラとして活用されるようになりました。

インターネットを使うために必要な事業者

インターネット回線に接続するのは、プロバイダが対応してくれますが、そもそもインターネットに接続するには、接続回線が必要です。この回線事業者とは、NTT東日本、NTT西日本などで、回線を敷いてくれる事業者です。

つまり、忘れてはいけないのは、インターネットを使うために必要な事業者は、回線事業者とISP(Internet Services Provider)の両者です。(但し、近年では両者の機能を一体化してサービス対応をする事業者も出現しています。)

プロバイダの役割

プロバイダは、電話回線や専用回線を通してユーザからのリクエストを受けるとインターネットに接続します。

プロバイダ事業が始まった頃は、アナログモデムを介したダイヤルアップサービスでしたが、現在は、光ファイバ接続等のブロードバンドサービスによる常時接続方式が主流です。

具体的なプロバイダサービス内容

インターネット接続事業者(ISP)は、インターネットへの接続先を提供していますが、それ以外にも次のようなサービス事業も行っています。

  • 専用のメールアドレスの発行
  • ホームページスペースの貸与
  • サイトやブログのスペースの提供
  • セキュリティ対策

以上のようなサービスは、プロバイダ毎に違います。プロバイダによっては、VPNサービスや、IP電話サービスなどの提供をしている事業者もあります。

このように、プロバイダのサービスは様々です。プロバイダと契約すれば、インターネットの閲覧だけでなく、ユーザ自らも情報の発信者になることもできます。

プロバイダを利用したインターネット接続を別の言い方で表現すると、インターネットにつながっているLANに対して、別のルートで参加させてもらっているようなものと言ってもいいでしょう。

まとめ

プロバイダは、インターネットへの接続先を提供するサービス事業者のことで、正式名称は、ISP(Internet Services Provider)と呼ばれています。

ユーザは、プロバイダと契約しなければインターネットへの接続はできません。

プロバイダは、近年、多くのサービスを提供してくれるように発展しましたが、最大の役割は、ユーザーのデバイスをインターネット回線に接続することです。インターネット回線を敷いてくれる事業者とプロバイダの協力で、インターネットを使うことができるのです。

研究者間のネットワークをベースにしたインターネットは、画像と文字を表示することができるWWW(World Wide Web)の登場と、プロバイダが生まれたことから世界中を結んだ広域ネットワークとして、なくてはならないインフラになったのでしょう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST