Info Tech

コンピュータネットワークの全体像

PC初心者がウエブの世界に馴染むことができるように、コンピュータネット枠の概要をかみ砕いて紹介しています。内容は、初心者向けですが、TCP/IPプロトコルという、同じルールを双方のコンピュータが使うことで通信していることが分かります。

コンピュータネットワーク

ネットワークという言葉の意味は、「網状の組織」や「網」などです。もう少しかみ砕いて表現すると、「情報などについて、お互いのやりとりが出来る状態」というような意味になるでしょう。

このような状態にするには、組織を運営する上での取り決めやルールを設定することが必要です。

コンピュータネットワークの場合は、コンピュータどうしの接続のルールを最初に決めないと、うまく繋げることが出来ません。

コンピュータネットワークとは、お互いのコンピュータ間を、光ファイバーや銅線ケーブル、又は電波や、赤外線等で接続して、色々なデータのやり取りをすることです。

コンピュータネットワークの規模による分類

コンピュータネットワークの仕組みはTCP/IPプロトコルというルールで通信しています。尚、ネットワークの大きさに応じてつぎのように分類されています。

尚、プロトコルの意味は、インターネットで国をまたいで通信する時にも、問題なく交信出来るように定められた、コンピュータ機器間のルールや約束事のことです。

LAN

LANは、「ラン」と読みます。Local Area Networkを略したもので、企業の施設内や大学の研究棟などの比較的狭い範囲でネットワークを構成しています。

WAN

WANは、「ワン」と読みます。Wide Area Networkの略で、会社でいうと支店の間や、地理的に離れた場所のコンピューター機器どうしで構成する、ちょっと大きなネットワークのです。

インターネット

インターネットは、LANやWANを複数接続したもので世界中と通信する、まさに地球規模のネットワークです。

インターネットは、コンピュータ間の通信だけでなく、携帯電話などとコンピュータも相互接続できます。

イントラネット

イントラネットは、インターネット技術を使って、接続範囲を限定したものです。特定の範囲でのみ情報を公開しているため、社員向けのホームページなどで活用されています。

TCP/IPの歴史と概要

TCP/IPは、米国の国防総省が開発支援していたもので、ARPNET(アーパネット)と呼ばれる4つのネットワークを接続するプロトコルとして開発されました。

TCP/IPは、バラバラの信号が相手に、うまく伝わるように「信号の変換」→「伝達」→「データへの再変換」の流れを、特定の約束事で対応するようにしています。

このような仕組みの構築をTCP/IPプロトコルというルールで行っています。

インターネットは、世界中のコンピュータが同じルールのTCP/IPプロトコルで対応するため、実現しています。

通信サービスの種類

通信サービスとは、ネットワークを使って利用できる機能のことです。通信サービスには、ウェブサービスや、電子メールのやり取り、ファイル共有、遠隔ログイン等があります。

また、IP電話やファイル転送なども、インターネットの通信サービス技術で実現しています。

まとめ

コンピュータネットワークとは、どんなもので、お互いにTCP/IPという同じルールで運用しているため、世界中の人々と通信出来ることがわかったと思います。

記事の内容は、PC初心者でも馴染みやすくしています。

様々な情報を掲載していますが、本ブログは、ちょっと分かりにくいウエブの世界でも、少しずつ普通に感じられるようになることを目指しています。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST