地震

これで分った地震の指標|マグニチュードと震度の関係

日本は地震大国で、日常的に地震のニュースが流れています。ニュースでは、マグニチュードと震度を伝えてくれますが、なぜ、2つの指標があるのでしょうか? この記事では、分かりやすく、内容を紹介しています。きっと役立ちます。

マグニチュードと震度の関係

地震のニュースでは、マグニチュードと震度がセットで報道されます。マグニチュードは、地震毎に決まった数値ですが、震度は場所によって違います。

ちょっとわかりにくいので、それぞれの意味を紹介します。

マグニチュード

マグニチュードは、地震の規模を表します。つまり、当該地震の総エネルギー量のことです。そのため、マグニチュードは、場所によって変わりません。

マグニチュードのランクは、1〜7までですが、1増えると、エネルギーは32倍(31.6倍)、2増えると、エネルギーは1000倍にもなります。

1.0違うだけでエネルギーは、何故32倍にもなるの?

地震のマグニチュードは、地震のエネルギーを示したものです。地震の規模が大きくなると、桁違いにエネルギー量は大きくなります。そのため、同じ土俵で小さな地震と大きなエネルギーの地震を載せるために、地震のエネルギーを1000の平方根を底とした対数で表現することにしました。

そのため、エネルギーランクが、1違うだけで凡そ31.6倍にもなるのです。

震度

震度は、ある地点での地震の揺れの強さを表したものです。

震度は揺れの強さのことですが、当然、自分の下で地震が発生すれば衝撃は大きく、自分がいる場所と離れていれば、揺れは小さくなります。

震度は0〜7までの階級に分けられています。ただし、0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7の10階級です。

地震の揺れ時間

大きな地震の場合の揺れ時間は、概ね判ってきました。地震が引き起こされるメカニズムは、岩盤のずれに伴うものだからです。

  1. マグニチュード7クラス
    揺れ時間は、約10秒。
  2. マグニチュード8クラス
    揺れ時間は、約1分。
  3. マグニチュード8クラス
    揺れ時間は、約3分。

まとめ

マグニチュードは、地震の規模を表していて、地震の総エネルギー量のことです。マグニチュードは、総エネルギー量のため、震度のように場所による違いはありません。

震度は、ある地点での地震の揺れの強さを表したものです。そのため、近くで発生した地震の場合は、揺れが大きくなります。

震度は0〜7までの階級に分けられていますが、0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7のように区分けされています。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。