Info Tech

DLNA家電とは何だろう

近年の家電製品には、DLNAに対応した製品が散見されます。DLNA家電製品は、とても便利と言われています。但し、いきなりDLNA対応と言われても、何のことなのか分からないでしょう。この記事では、DLNAについて、分かりやすく紹介しています。

DLNA家電とは何だろう

DLNAとは、家電製品などを相互に接続してくれる規格(ガイドライン)のことです。DLNAは、Digital Living Network Allianceの頭文字をとったものです。

DLNA対応製品ができること

DLNA対応製品なら、ネットワークが繋がっていれば接続できるものです。例えば、A社のTVでハードディスクに録画した映像を、ネットワーク接続しているB社のTV画面に映し出すことができます。

当然、音源データも同様です。例えば、NASに保存した音楽ファイルも、無線LANで別のフロアーにあるプレーヤーなどで聴くことができます。もちろん、NASやプレーヤー等は、DLNA対応製品である必要があります。

DLNAの基本機能

DLNA対応機器を機能面で分類すると、次のように4つに分けられます。

DMS

DMSは、Digital Media Serverの頭文字をとったものです。この内容は、上欄で紹介したものです。

映像や音楽データをファイルデータとして保存した後で、他の再生装置にデータを供給するための機器になります。上欄の場合では、TVとNASが該当します。

DMP

DMPは、Digital Media Playerの頭文字をとったものです。これは、DMSからのデータを受信した機器のことです。上欄の場合は、B社のTVや、音源データを受け取って再生するプレーヤーです。

DMC

DMCは、Digital Media Controllerの頭文字です。これは、DMSからDMPに送られるもので、データを制御するための機能やアプリケーションのことです。

DMR

DMRは、Digital Media Rendererの頭文字です。DMRは、DMCのコントロールでデータを再生する機器のことです。

DMPには、DMCの機能が入っていますが、DMRには内蔵されていません。そのため、DMCのコントロールが必須です。

注意点

基本的には、どのメーカの家電製品でもDLNAに対応していれば互換性はありますが、データの種類によっては接続できないこともあります。

気になる場合には、メーカーに問合せて確認することが必要です。

まとめ

DLNAは、Digital Living Network Allianceの頭文字をとったもので、リビングに設置されているような家電製品を相互に接続するための規格のことです。

そのため、DLNA対応製品で、ネットワーク接続環境なら、A社TVのハードディスク録画の画像を、隣接する部屋に置いてある、B社TVで鑑賞することも可能です。

DLNAは、便利ですが、データの種類によっては、対応できないものもあるようです。気になる場合は、購入前にメーカに確認した方が良いでしょう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST