CMS

CMSとは何だろう?

CMSという言葉を聞いた人は多いでしょう。ワードプレスを使ったブログは広く普及しているからです。但し、CMSとは何と聞かれても、一言で説明できる方は少ないでしょう。この記事では、CMSとは何? について、分かりやすく紹介しています。

CMSとは

CMSは、コンテンツ管理システム(Contents Management System)のことで、ウェブページを自動生成するウェブアプリケーションです。

CMSは何をしているの?

CMSを具体的にイメージしやすいのは、ウェブサイトの作成です。

ウェブサイトを作るのにCMSを使わない場合には、HTML言語やCSSを駆使して、一から頁を作らなければなりません。

CMSサイトは、ウェブサイトに必要な文字情報や、画像、デザイン等の様々なコンテンツやテンプレート設定情報などが一元的に管理されていて、必要な時に取り出して使えるようになっています。

CMSは、特別な専門技術を持っていなくても、ウェブサイトを作ることや編集を行えるようにしたシステムです。ワードプレス(WP)は、CMS構成です。誰でも自由に、使えるため、個人で作るサイトやブログの殆どは、WPが使われています。

ウェブサイト作成

具体的に、ウェブサイトを作ることを考えると、さらにイメージし易いでしょう。

CMSを使わないサイト作り

HTMLやCSSのようなコンピュータ言語を使って、ウェブサイトを作る場合には、レイアウト構成の記述や、他ページ間でのやり取りの為のリンクの設定などをしなければなりません。

そのため、サイトの骨組みを作るには、特別な専門知識をもっているデザイナーは必須です。

その上で、表題や文章、必要な画像データなどの要素を作成することになります。

CMS構成のサイト

CMSサイトは、レイアウト構成のひな形が、数種類用意されていて、選ぶだけで使えるようになっています。

表題や文章は、記載する場所があるので、その中に記入するだけです。画像データなども、予め登録する等して、専用のデータベースに保管できます。

これらのデータは、所定の場所に保管されていて、一元管理しているため、例えば、日付別やカテゴリー別にしたい時にも、自動で生成できるようになっています。

つまり、CMSのサイトでは、難しいことはソフトウェアが処理してくれるため、専門的な知識がなくてもサイトなどを作成できるようになっています。

まとめ

CMSは、コンテンツ管理システムで、ウェブページを自動で生成するウェブアプリケーションです。

CMSサイトは、難しいことはソフトウェアが処理してくれるため、HTMLやCSSのようなコンピュータ言語の知識がなくてもサイトなどを作成できるようになっています。

ワードプレス(WP)は、多くの方に、ブログなどで使われているので、知っている方は多いでしょう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST