Info Tech

ブルートゥースの誕生と命名|WiFiとの違い

ブルートゥースの名称は、ちょっと変わっています。実際に使っている方でも、聞きなれない名称に戸惑う人もいます。この記事では、WiFiとの違いやブルートゥース誕生時の名付けられ方なども紹介しています。グッと身近に感じられるでしょう。

ブルートゥースの誕生と命名

ブルートゥースは、無線通信規格の仲間です。ブルートゥースに類似しているものにはワイファイ(Wi Fi)があります。

ブルートゥースは、1999年に北欧の大手通信機器メーカのエリクソン社が中心になって開発しました。開発当初は、携帯電話やPHSをノートPCに接続して、移動先でもインターネットを利用できるようにするのが狙いでした。

ブルートゥース(Bluetooth)という呼び名にしたのは、北欧のスウェーデンに本社があるエリクソン社が開発したことが影響しています。名前の由来は、10世紀ごろのデンマークの王様の呼称にちなんでいます。

この王様は、北欧のデンマーク全域やノルウェーとの統合も行った優れた王様で、青歯王と呼ばれていました。

ブルートゥース(Bluetooth)と名付けられた理由

一般的に新分野や新機能製品の開発に際しては、汎用性を持たせるため、通信関連業界の主要メーカのメンバーで構成する委員会で標準規格について議論します。

当然、ブルートゥースについても主要メーカで構成される委員会のが行われました。

この会議の中で、米国インテル社のJim Kardash氏が、「携帯電話業界とPC業界を近距離無線で統合」する様子にちなんで、北欧の有能な王様の呼称にしたと言われています。

製品のブルートゥース(Bluetooth)は、英語のBlue(青)とtooth(歯)から作られています。

ブルートゥースとWiFiとの違い

ブルートゥースが、無線通信規格だということは判りましたが、無線通信の代表的なものにはワイファイ(Wi Fi)もあります。このワイファイとは何が違うのでしょうか?

ブルートゥースは、近くの製品間との通信を想定しています。そのため、ワイファイ(Wi-Fi)のように建物内などの広い範囲で、複数の機器間で接続することはしません。ブルートゥースとワイファイを比較すると次のような特徴があります。

   ブルートゥース    ワイファイ
    通信速度     遅い     早い
    通信距離    近距離のみ    やや広い
    消費電力     少ない     多い
    主な用途 イヤホン、マウス、キーワード、マウス、スピーカ等    ルーター他

ブルートゥースの通信距離

ブルートゥースは近距離の個別の機器を接続するためのものですが、出力が大きくなれば通信距離も長くなるため、下表のように3つにクラス分けされています。

ブルートゥースのクラス     最大出力     通信距離
   クラス1  100mW(日本:50mW)     100m
   クラス2     2.5mW       10m
   クラス3     1mW       1m

但し、通信距離は、受信側の機器性能の影響を受けるため、あくまで目安です。さらに、日本の電波法では50mWが上限のため、クラス1の場合でも通信距離は抑えられています。

まとめ

ブルートゥース(Bluetooth)は、北欧の大手通信会社が中心になって開発したもので、携帯電話業界とPC業界を近距離無線で統合する様子から、10世紀ごろに北欧を平和的に統合した王様の呼称(青歯王)を、英語のBlueとtoothで記載して命名したとされています。

ブルートゥースは、近距離の製品間で通信するための無線通信規格で、2.4GHz帯の電波で通信します。ブルートゥースは、TDD方式を使っているため、上りと下りの信号ブロック数の割合を変えるだけで一方向だけの通信速度を高速にすることも出来ます。

TDD方式

TDD方式とは、アップロードする上りと、ダウンロードする下りの双方向伝送ラインを、時間で分けて交互に送信する方式のことです。

上りと下りの比率を変えることで送信データ量を変えることができる特徴があるため、PCとプリンター間のように、下りだけを高速伝送にしたい時などに便利に活用できます。近距離の無線通信に使われるブルートゥースは、今後、さらなる高速化などで進化して、多くの用途に使われていくことでしょう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST