Info Tech

コンピュータウィルスの種類と特徴|感染しても症状が出にくい理由

ウィルス

コンピュータウィルスの特徴を、代表的な種類毎に紹介しています。以前は、ウィルスに感染すると、PC動作が重くなるなどの症状がありましたが、近年では、症状が出にくくなっています。症状が出にくい理由と、対策について触れています。

コンピュータウィルスの種類と特徴

コンピュータウィルスは、「ファイルにとりついて悪さをする」、「自己増殖をして悪さをする」、「自動的に動いて悪さをする」などの特徴をもっています。一般的には、悪意のあるプログラムのことです。

ウィルスの代表的な種類には、「ワーム」、「トロイの木馬」、「マクロウィルス」、「ボット」などがあります。次に、これらの内容と、特徴などをまとめます。

ワーム

ワームと言うとイモムシを連想しますが、コンピュータの世界では、マルウェアと呼ばれるものです。

宿主を必要とせず、自分自身で複製して、単独で活動できるという特徴があります。

ワームに感染したメールを添付して感染を広げることもします。

トロイの木馬

トロイの木馬は、正しいプログラムと見せかけて、コンピュータに入り込んでから、悪さをするマルウェアです。

ユーザに気づかれないように侵入する特徴があって、アプリを装って入り込むことや、メールに記載されたURLをクリックすると感染するなど様々な方法で、コンピュータに侵入してしまいます。

PCに特別な症状が出なくても、パスワードや重要なIDをぬすまれてしまうこともあります。

マクロウィルス

マクロウィルスは、エクセルなどの業務効率向上のための、マクロ機能を悪用するタイプのウィルスです。

コンピュータ上のファイルを不正に書き換えるなどの悪さをします。

ボット

ボットは、何らかの方法でコンピュータに侵入すると、感染したボットは侵入者によってリモート操作されてしまいます。ボットの名称は、ロボットのように操られることに由来しています。

ボットウィルスに感染してもユーザは、気づきにくいのですが、コンピュータは操られて

いるので、酷い時には、ユーザが知らない内に犯罪に加担している場合もあります。

 

  種 類    特  徴   代表的な悪さ例
ワーム 自分自身で複製して、単独で活動できる ワームに感染したメールを添付して感染を拡散
トロイの木馬 正しいプログラムと見せかけて、PCに侵入後、悪さをする ユーザに気づかれないように侵入して、パスワードなどを盗み取る
マクロウィルス エクセルなどの業務効率向上のための、マクロ機能を悪用 ファイルを不正に書き換える
ボット リモート操作する ユーザが知らない内に犯罪に加担させられることもある

 

ウィルスに感染した場合の症状

以前は、ウィルスに感染すると、起動や動作が遅くなることや、その他様々な症状が出ました。ところが、近年では、PCの不具合が出にくくなっています。

何故、症状がでにくくなったの?

悪意のあるプログラマーは、被害を大きくさせようとして、ユーザに気づかれにくいように動作させている。

2つ目は、ユーザのPCの性能が向上したため、ウィルスが、こっそり動作していても症状が出にくくなってきた。

このような理由から、ウィルスが侵入してもユーザは、気づきにくくなってきましたが、社会に広く蔓延して、気づいた時には莫大な損害を受けることになるかもしれません。

対策

完全な対策はありませんが、必ずウィルス対策ソフトの導入は必須です。

その上で、怪しいサイトには行かないなどの独自のルールを作って対策をすることが必要でしょう。

まとめ

コンピュータウィルスは、悪意のあるプログラムのことですが、特徴によって「ワーム」、「トロイの木馬」、「マクロウィルス」、「ボット」などの種類に分類されます。

以前は、ウィルスがPCに侵入すると、何らかの不具合症状が出現しましたが、近年は、手口が巧妙化して症状が出にくい場合と、ユーザのPC性能の向上に伴って、ウィルスがこっそり動作していても、PC動作がカバーしてしまう場合です。

このようなウィルス動作に対して、完全な対策はありませんが、人は気づかなくても、コンピュータはウィルスの侵入を感じ取ってくれます。ウィルス対策ソフトの導入は必須です。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。