Info Tech

Wi-Fi 6は従来のワイファイと何が違うの?

新世代ワイファイは、Wi-Fi 6と呼ばれます。この記事では、新世代Wi-Fiの名付け方の背景や意味、さらに、従来のWi-Fiに比べて優れている点などを、PC初心者向けに分かりやすく紹介します。移動体通信5Gの発展と共に、飛躍するでしょう。

Wi-Fiの役目と新世代ワイファイの名付け方

Wi-Fi(ワイファイ)は、PCやスマホなどの端末を、インターネット環境と接続するための無線LANの一種です。ところが、今までのWi-Fi(ワイファイ)の後ろには、数字は付いていませんでした。

Wi-Fi 6は、新世代のワイファイを現わしますが、何故いきなり「6」なのでしょう?

新世代ワイファイ命名の背景

Wi-Fi規格に関連する大きな団体は、2つあります。Wi-Fiの国際標準規格を制定するIEEE(アイトリプルイー)と、Wi-Fiを普及させるための「Wi-Fi Alliance」です。

IEEEが定めた新規格の正式名称は「IEEE 802.11ax」です。この名称では、思わず舌を噛みそうです。

そこで、Wi-Fiの普及を推進する「Wi-Fi Alliance」は、Wi-Fi 6という名称をつけました。Wi-Fi 6という名称なら一般的な人にも馴染めるでしょう。

でも、何故Wi-Fi 6なのでしょうか?

この理由は、IEEEが正式に命名したWi-Fi規格の6番目(第6世代)だったからです。

 IEEE規格  時期  周波数帯  最大速度   呼称  世代
 802.11  1997.6  2.4GHz  2Mbps        –   1
 802.11a  1999.10  5GHz  54Mbps        –   2
 802.11b  1999.10  2.4GHz  11Mbps        –   2
 802.11g  2003.6  2.4GHz  54Mbps        –   3
 802.11j  2004.12  5GHz  54Mbps        –   3
 802.11n  2009.9 2.4GHz/5GHz  600Mbps  Wi-Fi 4   4
 802.11ac  2014.1  5GHz  6.9Gbps  Wi-Fi 5   5
 802.11ax  202×? 2.4GHz/5GHz  9.6Gbps  Wi-Fi 6   6

 

Wi-Fi 6が優れている点

新規格のWi-Fi 6は、従来規格に比べてどのような点で優れているのでしょうか?

  • 通信速度が速い
    最近は、動画をみる機会が増えてきたため、情報処理スピードの高速化が必須だからです。新規格のWi-Fi 6では、Wi-Fi5(IEEE802.11.ac)に比べて4倍から10倍も速くなると言われています。従来規格では、扱う周波数が2.4GHz帯と5GHz帯の2つのどちらかを選択しましたが新規格では、どちらも利用できます。同時に接続する機器が増えるため、便利さは各段に向上しています。
  • 省エネ動作
    新規格のWi-Fi 6は、通信するタイミングを制御する機能「TWT(ターゲット・ウェイク・タイム)」があります。TWTは、バッテリーを長持ちさせるため、従来規格のWi-Fiよりも省エネ稼働です。
  • 混雑したWi-Fiスポット環境でも快適動作
    現在、ターミナル駅やカフェ、スタジアムなど多くの人が集まる所には、大抵Wi-Fi環境が整備されています。但し、混雑すると、Wi-Fiの利用者も増えて使い物にならないほど速度低下してしまいます。新規格のWi-Fi 6の接続性能は向上しているので、混雑に悩まされることは、なくなります。

まとめ

次世代ワイファイは、「Wi-Fi 6」と呼ばれます。Wi-Fiを普及させる団体のWi-Fi Allianceが、正式名称とは別に名付けました。Wi-Fi Allianceは、多くの人に親しまれて、規格の水準もわかるようにという意味で名付けています。

Wi-Fi 6の6は、第6世代の規格を示しています。

Wi-Fi 6は従来のWi-Fiに比べて、「通信速度」や「省エネ」、「混雑時の動作」などが優れていて快適に稼働するため便利さが格段に向上するでしょう。

尚、Wi-Fi 6に対応したデバイスは、2019年10月時点で、Wi-Fiルータやスマートフォンの一部の製品で採用されています。

その後、ユーザーからの要望や、無線LAN規格が下位基準とも互換性があることなどから、Wi-Fi 6の普及は急ピッチで進んでいます。

尚、2022年1月時点では、まだまだですが、今後、5Gの普及とともに、大きく飛躍していくでしょう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST