Info Tech

ウェブページを作っている技術とは?

納得する女性

PC初心者にも分かるように、ウェブページがネットワークで文書を公開する仕組みについて概要を紹介しています。ウェブページを構成するプログラム言語には、HTMLとCSS、JavaScriptなどがあります。これらの役割などの説明も含んでいます。

主要なウェブページの構成

ウェブページは、ネットワークで文書を公開する、World Wide Webを略したWWWの仕組みで作られています。ハイパーリンクという仕組みで、ドキュメントどおしを関連つけて呼び出す構成です。

画像や動画を呼び出して、ウェブに組込んで表示することもできます。

ウェブページの構造やレイアウト情報、ファイル情報などは、テキストエディタや、ウェブページ作成ソフト上にHTML:HyperText Markup Language言語で記載して作成します。

その他のウェブページ技術

その他の一般的なウェブページ技術には、デザイン要素を記述して、見栄えを良くするためのCSS(Cascading Style Sheets)、ブラウザで動作するプログラミング言語のJavaScriptなどがあります。

HTMLの役目

コンピュータに人間がして欲しいことを伝えるには、約束ごと(プロトコル)を覚えてもらって、そのルールに従った方法で指示しないと、伝わりません。

HTMLは、ページを作っている文章や画像などを、タグという記号で囲むことで、題目や文章の内容ということを示します。タグを指定することで、このタグで囲まれたものが、題目だとか、ここからここまでは、同じ章の内容だとかを理解できるようになっています。

これが、文書構造上の意味を定義するHTMLです。

CSSの役目

ちょっと前までは、ウェブページの構造を指定するHTMLで、ウェブページのデザインまで含めて記述していることがありました。

本来なら、「サイトの設計」と「ウェブページのデザイン」は、分けた方が良いのですが、全て、HTMLで記述していたのです。

ウェブページのデザインは、CSSで対応しないと、ブラウザに備わっているスタイルが適用されるため、希望するような見た目にはなりません。

CSSで記述すると、要素のサイズや画面上の配置や、文字の大きさや色、書体や、背景色などの細部まで、様々な指定をすることができます。

そのため、近年では、ウェブページのデザインについては、CSSで記述するのが一般的です。

JavaScriptの役目

HTMLやCSSでは、ページを滑らかにスクロールさせることや、ボタンをタップすると内容が見れるような動きは指定できません。このような対応が必要な時に、JavaScriptは働きます。

JavaScriptの決まりで記載したファイル名には、「.js」を付けます。JSファイルは、HTMLファイルの中にJSファイルを読み込む記述をすることで働きます。

まとめ

HTMLとCSS、JavaScriptの役目について紹介してきました。これで、ウェブページがネットワークで文書を公開する仕組みが、どんなものなのか概ね、理解して頂けたことでしょう。

これだけで、理解なんて出来るはずがないと言われる方もいるでしょうが、大雑把な内容で充分です。

時間を掛けてゆっくりと進んでいきましょう。

もう少し深堀したい方は、本ブログの「HTML5とCSS3基本講座〜」を読んで下さい。この基本講座も、もっと分かりやすく改訂していく予定です。ゆっくり楽しみながら進んでいきましょう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。