Info Tech

コンピュータ世界のサーバーの役割と必要性

サーバー

コンピュータやインターネットの世界で、サーバーは「サービスを提供する装置」という重要な役目を担っています。この記事では、具体的なサーバーの役割と、サーバーが必要になった理由を紹介しています。

サーバーはサービスを提供

個人的には「サーバー」とは、コーヒーサーバーです。コーヒーサーバーは、コーヒーをためて置いて何時でも適温のコーヒーが飲めるシステムでしょう。

ところが、「サーバー」を英語で言うと「serve(奉仕する)」に「er」を付けて「server」です。本当は、次のような意味があります。

  • テニスや卓球などの球技で、サーブをする人。
  • 料理を皿に取り分ける大形のフォークやスプーンのことや、コーヒーを注ぐポットなど。

インターネットの世界では、サーバーコンピュータがあります。サーバーコンピュータは、サービスを提供される側(クライアント)の命令で、特定の機能やデータを提供します。

つまり、インターネットの世界で使われる「サーバー」とは、クライアントの要求に従って、サービスを提供してくれる装置のことです。

ここで紹介するサーバーは、コンピュータに関連したサーバーですから、具体的には次のような役割を担っているコンピュータのことになります。

サーバーの具体的な役割

サーバーには、多くの機能や性能が蓄えられているため、ネットワークでPC(パーソナルコンピュータ)に接続するだけで、単独のPC能力を大幅に向上することができます。

具体的には次のような内容をサーバーから提供してもらうことができます。

  • 不足しているハードディスク容量を補足
  • 記憶装置のバックアップ
  • 電子メールを送受信して指定したメールアドレスに送信など

このような事例を見ると、コンピュータサーバーの大まかな役割は理解して頂けたことでしょう。

サーバーに求められるもの

コーヒーコーヒー

 

サーバーには、個人PCが持っていない、次のような機能や性能が求められます。

《サーバーに求められる能力》

  • 故障しにくい信頼性の高さ
  • PCの容量を補う大容量の記憶性能
  • ネットワーク上の他のPCからいつでも必要なデータを参照・編集可能な能力

 

これらを単独のPCで対応するには費用・技術力・メンテナンス力が必要ですが、サーバーに集約すれば可能でしょう。

このような理由からサーバーは「特定の機能を供給するための専用の装置」として活用されるようになりました。

まとめ

コンピュータネットワークで接続されているサーバーは、「不足しているハードディスク容量を補足」、「記憶装置のバックアップ」、「電子メールを送受信して指定したメールアドレスに送信」などさまざまな役割を担っています。

こんな重要な役目をしているサーバーには、故障しにくい「高信頼性や大容量記憶性能」、「大容量のデータを必要に応じて参照・編集する高い性能や機能」などは必須です。

コンピュータの世界で、サーバーは「サービスを提供する装置」という重要な役目を担っています。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。