Info Tech

オンプレミスとクラウド、エッジコンピューティングの意味と関係

情報処理

ITの世界で使われる言葉は、分かりにくいものが多いと感じる人は多いでしょう。この記事では、オンプレミスとクラウド、エッジコンピューティングの意味とそれらの関係をPC初心者にも分かるように紹介しています。これで、IT用語が身近になるでしょう。

オンプレミスとクラウド、エッジコンピューティングの意味

近年では、コンピュータというハード的な機材をどこに置いて活用するか分類されるようになりました。

コンピュータの世界でも、「オンプレミス」・「クラウド」・「エッジ」などの言葉がうまれています。次に、コンピュータで使われる「オンプレミス」・「クラウド」・「エッジ」の意味を紹介します。

オンプレミスコンピューティング

従来のコンピュータ(PC)は、自社運用型(オンプレミス)と呼ばれていて、サーバーやデータベース等、全て自社内で備えて運用していました。

英語のオンプレミスは、構内や店内という意味です。情報システムの使用者が、自社で保有した機材や情報センターを使って対応する運用形態をオンプレミスと呼んでいます。

エッジコンピューティング

エッジの意味は、端っこです。これは、インターネットの「端っこ」という意味で、利用者が持っているスマートフォンやPC、様々なセンサーなどが該当します。

エッジコンピューティングの意味合いは、上記に加えて、ネットワークのアクセスポイント、ゲートウェイ、サーバーなどの機器類も含まれます。

大雑把な捉え方をすると、インターネットに入る手前にあるもので、ハード面は、オンプレミスの運用と同じ扱いをする機材です。

クラウドコンピューティング

クラウドは雲のことですが、ITの世界では、既に一般化したように使われています。

簡単に言うと、コンピュータやソフトウェアなどを自前で揃えなくても、インターネットを通じて、いつでも必要な時にサービスを受けられるものです。

クラウドコンピューティングは、エッジコンピューティングと対比して使われるもので、処理はインターネット上で行われます。

オンプレミスとクラウド、エッジコンピューティングの関係

IoTIoT

オンプレミスコンピューティングのモデルと対するモデルは、インターネット上で処理するクラウドコンピューティングです。

それでは、オンプレミス環境で情報を処理する、エッジコンピューティングと、オンプレミスコンピューティングの違いは、何でしょうか。これは、次に紹介する「エッジコンピューティングの役割」を見ると分かります。

エッジコンピューティングの役割

エッジコンピューティングは、オンプレミスだけで全ての処理を完結させる訳ではありません。本来の役割は、次のようなものです。

エッジコンピュータは、処理する内容が、クラウド側の得意とするものなのか、オンプレミスとしてのハードを機能させた方が良いのかの役割分担を的確に判断します。

的確な役割分担は、クラウドとエッジの能力を最大に発揮できるようにします。これが、エッジコンピューティングの役割です。

例えば、様々な収集データをクラウドコンピュータに対応させようとすると、雑多なデータを送信するため、データ量は膨大で無駄が生まれます。

ところが、エッジコンピュータで、予め分類整理する等のフィルタリング作業をすることで、大きな無駄は無くなるでしょう。

まとめ

オンプレミスとクラウド、エッジコンピューティングの意味と関係について、PC初心者にも分かるように紹介しました。

これで、ITの世界で使われている、分かりそうで分かりにくい言葉が身近に感じられるようになったことでしょう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。