Info Tech

PCがメモリー不足になったら何をすればいいの?

PCを使っていて誰でも経験するのは、メモリー不足だろう。この記事は、メモリー不足になる原因と対策を紹介しています。PC初心者や、長年PCを使っている方も、いつもPCにはお世話になっているはずです。たまには、PCの状態も見てあげて下さい。

メモリー不足になった時の対処法

PCを使っていてメモリー不足と感じるようになったら、次のことを確認してみましょう。

  1. PCの記憶容量と、実使用内容の確認
    PC左最下部のスタートボタンをクリック。次に設定ボタンをクリックする。すると、システムボタンの中の左端欄に「記憶域」というボタンがあるので、さらにクリックする。この記憶域には、PCの記憶容量と、現在使用している容量が表示されています。同時に、空き容量を増やす方法も表示されているので、不要なものはアンインストールまたは、整理することで解消できるでしょう。(但し、Windows PCの場合は安易に破棄するとPCが動作しなくなることもあるらしい。PCをある程度分かる人の助言も必要。)
  2. ファイルの断片化解消
    PCは、記憶装置のHDDやSSDに絶えずデータの書き込みや読み出しをしているため、長年PCを使い続けると、1ファイルが複数の領域に分断されてしまう。これは、フラグメンテーションというファイルの断片化現象と言われるものです。フラグメンテーションは、余分な空きスペースです。ファイルが断片化すると、空きスペースが出来てしまうためメモリー不足になりやすくなります。これは、PCのデフラグを実行すると解消できます。デフラグは、ファイルの断片化を解消するものです。ファイルのクリーンアップで、行えます。但し、デフラグを繰り返すと、余裕度が無くなって、本当に動かなくなることもあるので、注意しよう。
  3. メモリーボードの増設
    これは、費用はかかるが。手っ取り早い。

メモリー不足って何?

PC(パソコン)を使っていると、作業時間が遅くなることや、ファイルが開けなくなるなどの症状がでることがある。これは、大抵の場合は、メモリー不足です。

メモリーは、データを記憶するもので、PCには、データの読出しだけするROM(ロム:リードオンリーメモリー)と、読出しと書込みをするRAM(ランダムアクセスメモリー)の2種類あります。

なぜ、メモリー不足になるの?

メモリーは記憶装置。WindowsのOSやプログラムの起動などの時に働く部品で、動作速度にも関わる重要な役目をしています。

メモリーは、作業場に例えると分かりやすい。

作業スペースが狭いと、必要な道具が広げられないので、作業ができなくなることや、時間が掛かるなどの弊害が出てくる。逆に作業スペースが充分なら、様々な道具や部品を広げられるので、作業しやすい。

つまり、メモリー不足とは、作業スペースが狭くなった状態のことと考えて下さい。

メモリー不足を引き起こす具体例

必要なメモリー容量を増やしてしまう要因には、次のようなものがあります。

  • 動画、グラフィック系のゲーム
  • 周辺機器の接続
    周辺機器と繋がっていると、メモリー容量を消費するので使わない周辺機器は切断要。
  • 大きなファイルを溜め込み過ぎるとC、Dドライブの空き容量不足になります。
    このような状態なら、至急補助記憶装置の増設要。
  • 使用しないアプリの保管
    PC購入時には、使用者が使わないアプリや機能もインストールされている。アンインストール要(効果大)
  • デスクトップ画面の無管理
    デスクトップに置かれるファイルは、考えている以上にメモリーを消費します。デスクトップファイルは、フォルダ内にまとめるなどの管理要
  • セキュリティソフト起因

近年、セキュリティソフトの機能は充足されてきたが、その分メモリー使用量は増えています。

PCのメモリー容量を確認するには

PC内のメモリー容量は、どのPCにも搭載されているタスクマネージャーのパフォーマンスタブで確認できます。

例えば、Windows10の場合は、PC画面の最下部の何もないところで、マウスを右クリックして、タスクマネージャーを選択すると、その時のメモリ使用量が表示されます。

または、次の操作でも表示できます。
「CTRL」+「ALT」+「DEL」

もしもメモリ使用量が80%以上なら、至急メモリーの増設が必要と考えて下さい。

どの程度のメモリー容量が必要なの?

必要なメモリー容量は使い方等によって大きく異なるため、次に記載するのは目安です。

  1. Windows 10 システムで最低必要なメモリー容量
    32bit版は1GB以上、64bit版は2GB以上
  2. ドキュメント作成、ウェブで検索、短時間動画を見る等
    4GB程度のメモリー容量
  3. 動画編集、Adobe等のソフト使用、CADツール等を使う方
    8GB程度のメモリー容量
  4. オンラインゲームなどのハイクオリティ動画を使う方
    16GB程度のメモリー容量

まとめ

PCを快適に使う上で、メモリー容量の確保は重要だが、整理整頓などの管理をすることで、気持ちよく使えます。

時々は、デフラグ等の確認をして、処置をするのが良いでしょう。但し、経験上、デフラグに頼り過ぎると、余裕度がなくなります。

PCの使用内容とPC性能を客観的に見る眼も必要だろう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST