Info Tech

IP電話の仕組み

IP電話は値段が安いですが、会話中に通話が切れてしまった経験者もいて、不安だけが先走り勝ちです。この記事ではIP電話の通信方式とはどのような方式なのかを分かりやすく紹介しています。通話が切れる経験をした方でも、理由が判れば納得するでしょう。

IP電話ってどんなものなの?

IP電話というのは、人の声をデジタルデータに変換して、インターネットプロトコル(IP)で転送するものです。IPとは、インターネットの規定で通信することを意味しています。

インターネットは、「ネットワークを相互接続」しているため、IP電話には、LANとLANを接続するためのルーターが必要です。

人の声をデジタル信号に変換して転送するのは、CDの音楽データをPCに取り込んでファイル転送するのと同じです。CDの場合は、全てのファイルデータを転送しないと音楽を聴くことはできません。

電話の声は、リアルタイムで転送されます。データをパケット方式の「かたまり」で送るIP電話では、回線が混雑すると、安定した間隔でパケット転送しないこともあります。

これが、声が途切れて会話が出来なくなってしまう原因です。次に、もう少し分かりやすく説明します。

IP電話で声が途切れてしまう理由とは

普通の電話の音声データは、専用の通信経路を確保して発信者と受信者が会話するため、会話中の回線内にじゃまは入りません。回線を占有して通話しています。

IP電話の場合は、web閲覧や、ファイル転送、メール送受信などと同じ通信経路を共有しています。そのため、混雑が激しくなると他のパケットに帯域を塞がれて会話が途切れることもあります。

現在使われているIP電話

IP電話は、インターネットに接続して音声通話をする方式です。

IP電話は、NTTのひかり「0AB-J型」、頭部に050を付ける「050型」、「電話番号不要型(LINE、スカイプなど)」です。

0AB-J型

NTTのひかり電話の「0AB-J型」は、一般電話と同じ10桁の電話番号が割り当てられています。通話遅延しにくいように厳しい規定があって、通常の電話と同等の通話品質を追求したモデルです。

「050型」

「050型」は、050から始まる11桁の電話番号になっていて、スマートフォンからも通話できます。但し、「0AB-J型」のような厳しい規定がないため、通話品質に影響することもあります。

なお、050番号はプロバイダーによって割り当てられるため、プロバイダーを変更する時には電話番号も変わります。

「電話番号不要型」

このタイプは、LINEやスカイプなどのように電話番号が無いものです。

「電話番号不要型」は、従来の回線交換方式とは異なっています。ウエブ上の仲介サーバーを通してデータ変換した音声を送る、Voice over IP技術通信の通話です。

まとめ

IP電話は、人の声をデジタルデータに変換して、インターネットプロトコル(IP)で転送するものです。そのため、LANとLANを相互接続するためのルーターが必要です。

電話の声は、リアルタイム転送です。ところがIP電話では、デジタルデータをパケット方式の「かたまり」単位で送ります。そのため、回線が混雑する時には、安定した間隔でパケット転送されないこともあります。

NTTのひかり電話などの「0AB-J型」では、通話遅延が起こりにくいように厳しい規定を設定して通常の電話と同等の通話品質を追求しています。

「050型」は、050から始まる11桁の電話番号で、スマートフォンからも通話できます。

ところが、「0AB-J型」のような規定がないため、場合によっては通信品質に影響してしまうこともあります。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST