Info Tech

グローバルIPだけでなくプライベートIPが必要になった理由

この記事では、インターネットの接続に必要なグローバルIPアドレスの他に、LAN内で使うプライベートIPアドレスが必要になった理由と、両者が同一番号にならないためのプライベートIPアドレスの規定等を、PC初心者にも分かるように紹介しています。

グローバルIPとプライベートIPが必要な理由

グローバルIPアドレスだけでなくプライベートIPアドレスが必要になったのは、次のような理由です。

グローバルIPは外部のコンピュータから特定されやすい

LAN内のコンピュータに、グローバルIPアドレスを付けると、ウェブを介して侵入者からコンピュータが特定されて攻撃されてしまうこともあります。

これに対して、LAN内のコンピュータに、独自のプライベートIPアドレスを付けると外部からは、どのコンピュータなのかの特定が出来ないので、直接的な攻撃は避けられます。

プライベートIPは自由度が高い

プライベートIPアドレスは、LANのネットワーク管理者が自由に設定できますが、グローバルIPアドレスは、ICANNから委託されたJPNICが管理しているため、自由度は大幅に制限されてしまいます。

LAN内のコンピュータにグローバルIPアドレスを付けると、増減時に管理元に申請しなければなりませんし、JPNICからのグローバルIPアドレスの貸出数にも限度があるからです。

尚、個人や企業は、契約するISPからグローバルIPを貸し出されたものを使っています。

グローバルIPとプライベートIPの用途

グローバルIPアドレスは、インターネット環境で使用するIPアドレスのことで、プライベートIPアドレスは、特定のLAN内だけで用いられるIPアドレスです。

グローバルIPとは?

グローバルIPアドレスは、インターネットで使えるIPアドレスのことです。

そのため、全世界でインターネットをしているコンピュータや機器に重複しないように割り当てられています。

番号の管理は、ICANN(日本では、JPNIC)が対応しています。

プライベートIPとは?

プライベートIPアドレスは、特定のネットワークの中だけで通用するもので、LAN管理者が自由に設定できるものです(インターネットには接続しないで使わないことが前提です。)。

プライベートIPアドレスは、インターネット上では使えないため、ルータを通して対応します。

《ルータのすごい能力》

家庭用のブロードバンドルータの多くは、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)と呼ばれる機能を備えています。

ネットワーク内のホストコンピュータに重複しないようにIPアドレスを割り当てるのは大変な労力ですが、DHCPは、ホストコンピュータがネットワークに接続されると、アドレスを自動的に割り当ててくれます。

プライベートIPに割り振られたクラス

プライベートIPアドレスは、LAN管理者が自由に設定できますが、グローバルIPアドレスと重複しないように、使用できる範囲は定められていて、3つのクラスがあります。(LAN管理者は下記を自由に割当ることができます)

《クラスA》
10.0.0.0〜10.255.255.255・・・大規模ネットワーク

《クラスB》
172.16.0.0〜172.31.255.255・・・中規模ネットワーク(企業や学校で使用)

《クラスC》
192.168.0.0〜192.168.255.255・・・小規模ネットワーク(家庭内などで使用)

家庭内のLANでは、ルータに複数のPCや機器が接続されますが、プライベートIPアドレスは、機器の識別番号になって、ルータとPC間や、PCと機器間の通信が出来ます。

まとめ

グローバルIPアドレスだけでなく、LAN固有のプライベートIPアドレスを付けることで、外部からは、どのコンピュータなのかは特定できないため、直接的な攻撃を避けることができます。

また、プライベートIPアドレスは、グローバルIアドレスPのように、ICANNから管理されていないため、LAN管理者の裁量で対応できます。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST