Info Tech

グーグルのクロールやクエリの意味と役割とは何だろう

ウェブの世界でのクロールやクエリという言葉は、サイトやブログを作ると、直ぐに登場する。ウェブの用語は、普段使わないため、とっつきにくいだろうが、必須用語として理解しよう。この記事では、PC初心者にも分かるように内容を紹介する。

クロールとは何をしているの?

一般的に、クロール(crawl)と言うと、水泳の泳法だ。英語のcrowlは、赤ちゃんがハイハイする意味を指している。クロールという泳法は、両手を交互に出して、グルグル腕を回転させるため、ハイハイに似ている。

インターネットの世界で使うクロールは、ソフトウェアが世界中のウェブを巡回して情報を集めることだ。グーグルの場合は、クローラーと呼ぶプログラムの指示で、情報収集している。

グーグルで使っているクローラーは、「Googlebot」と呼ばれる。

ユーザーが欲しい情報を探す時に使う検索エンジンとして機能するが、クローラーは、インターネット全体を自動的に巡回して、情報を収集する大切な役目を担っている。

つまり、クロールとは、ソフトウェアの指示に従って、ネット上を自動的に巡回して情報を収集することだ。

具体的なクローラーの役目

クローラーは、一連の処理をした後、インデックスしてデータベースに保管する。一連の処理(分析や分類)の一部を次に示す。

  1. どんな内容の記事か
  2. キーワードは何か
  3. どことリンクしているのか
  4. どこへリンクするのか

尚、インデックスは、要求された時に、要求内容に沿った情報が直ぐに取り出せるようにするためだ。インデックス処理の内容を次に示す。

インデックス処理

クローラーがウェブを巡回して収集した情報は、膨大な量があって、そのままでは使えない。取得した情報は、内容を分析して整理してからデータべースに保管する。

このような処理をしているので、必要な情報を直ぐにユーザのPC画面上に表示させることが可能になる。

クエリの意味と役割

クエリも聞きなれない言葉だ。英語の意味は、「問合せ、照会」などを意味する。ウェブの世界で使われるクエリは、データベースへの問合せを意味する。つまり、検索エンジンで検索する時の、キーワードのことだが、厳密に言うと、それだけではない。

クエリとは、検索条件を指定するためのソフトウェアデータなどの専門的な記号などを含む特殊な単語のことだ。つまり、検索エンジンに入力された文字列と言った方がニュアンスが近い。

まとめ

クロールや、クエリというウェブで使われる特殊な単語の意味や、担っている内容は分かっただろう。

これらを頭の片隅におくことで、自分でサイトやブログを作る時には、役立つだろう。その際には、クローラーなどが動きやすいようにすることで、検索サイトの最初のページに表示されやすくなることも、直ぐに理解できるだろう。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST