Info Tech

Apacheとは何だろう?

PCを使い始めると、Apache(アパッチ)という用語が出てきます。PC初心者にとっては訳のわからない言葉の代表かもしれません。この記事では、そんなApacheを分かりやすく紹介しています。普段使われない言葉は、かみ砕いて説明しています。

Apacheとは何だろう?

Apache(アパッチ)は、ウエブサーバ―ソフトやウェブサーバーサービスと呼ばれています。Apacheの働きは、PC(パソコン)やスマートフォンなどからの要求で、ファイルや画像をウェブサイトに表示することです。

Apache(アパッチ)は、世界中で最も利用されているウェブサーバーソフトと言われています。

では、ウェブサーバーソフトとはどんなものなのでしょう。

ウェブサーバーソフトとは何だろう

ウェブサーバーソフトは、インターネットの宛先の最初に付いているHTTP(Hyper TextTransfer Protocol)をルール(プロトコル)とした通信のことです。

PCやスマートフォンの持ち主(大抵はユーザー)からファイルや、画像が要求されると、ブラウザ等に指示が飛びます。すると、ウェブサーバーソフトは、ブラウザ等から同じ要求を受けます。

この時、ウェブサーバーソフトは、要求されたHTMLファイルや、画像ファイル等をブラウザに送信してくれる働きをします。

ウェブサーバーソフトの、このような働きによって、ウェブブラウザは画面上にユーザーから要求されたものを表示することが出来るのです。

ウェブサーバーソフトには、Apache(アパッチ)、Nginx(エンジンエックス)等の他、様々なものがありますが、Apacheは世界中で最も使われているウェブサーバーソフトウェアです。

尚、近年ではセキュリティ強化のため、読み取られては困る重要な宛先には、HTTPにSを付加したHTTPSが使われるようになりました。これは、通信を暗号化した技術で対応したことを示しています。ここでは、説明を割愛します。

具体的なApacheの機能

Apacheは、古くからウェブサーバーソフトとして、主要なソフトウェアでした。そのため、実績に基づいた高い信頼性があります。Apacheの主な機能には次のようなものがあります。

  1. オープンソースのソフトウェアのため、誰でも無償で使うことが出来る。
  2. バージョンアップしながら、長期間公開使用されていた実績で、高い信頼性がある。
  3. ホームページを作成するワードプレス等のCMS(Contents Management System)で使われるPHPやデータベースと相性が良い。
  4. WindowsやLinuxなど複数のOS上で動く。
  5. 様々な要素や部品などのモジュールを活用して、基本機能を拡張できる。

まとめ

Apacheの働きは、PCやスマートフォンなどからの要求で、ファイルや画像をウェブサイトに表示することです。

無償で提供されるソフトですが、適宜改訂しながら、古くから公開使用されていたため、ユーザーから高い信頼性を得ています。

そのため、ウェブサーバーソフトとして最も使われていると言われています。

ABOUT ME
iyasaretaihito
子どもの時から、昆虫や恐竜、宇宙などに興味がある理科大好きな理系人間です。 会社は半導体設計関連会社に勤務して、60歳で定年退職後は趣味に没頭する、のん気なおじさんです。
RELATED POST